元々「占い」を信じていない、という理由から抵抗を感じていた私なのですが、
サイト内の、ちょっとした占いから、すっかりはまってしまった、そんな感じです。
たぶん「わかってくれている」感に魅了されてしまったのだと思います。
人は、誰でも人生の中で大きな決断に迫られたり、変化を促されたりする場面に出逢うものです。
私もちょうどそんな時でした。自分の思考能力だけでは決断できない、けれど現実利害関係があるような人には話せない・・
そんな時、当たる当たらないは二の次、第三者目線での言葉や提案が欲しいと思いました。
金運をよくしたり、人との関係をうまくもっていくため、今日1日の過ごし方など導かれたいために利用する人もいますが、
「その通りだった!」とかの結果は私にはおまけのようなものかもしれません。
私が飢えているのは「人から贈られる言葉」のような気がします。
今の占いのページは凄いな!と思います。自分の基本情報を人通り入力して何か1つ占うと、
1ページ分ぎっしりと私向けの言葉をもらえます。
その中の言葉に「なるほどぉ」と思ったり、「でもね・・」と反論したり、
「そうなんだよねぇ」と頷いたり・・そんな会話の遊び相手のような感じです。
ちなみにお気に入り登録しているものも6つあります。どれも毎日占えるので、
毎日遊び相手には困りません。しかも無料です!
ただ、機械処理なんだな・・とか思うけど、その辺は想像力がカバーします。

占いを受けに行く時の最適なタイミング

占いって、どのタイミングで受けたらいいのか、わからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1回の料金もバカにならないし、もし受けるのなら、最適なタイミングで受けてみたいと思うことでしょう。
私の経験上、一番良かったタイミングは、人生の岐路に立たされた時です。
仕事・恋愛・人間関係など、どれも上手くいっていなかった時で、
まさに自分の決断で、前に進まなくてはいけなかった時でした。
もちろん、家族や友人など、人生の先輩と呼べるような人にも相談をしましたが、
正直言って、どれもしっくりくるような返答がありませんでした。
本当に失礼なはなしですが、それが本音だったのです。
そして、最終的に友人の薦めもあり、占いに辿り着いたのです。
占い師の方は、人の社会的地位や階級などのしがらみ関係なく、
そのままの自分自身を見てくれるので、こちらも心おきなく相談することが出来ました。
ですので、私もそうなのかもしれませんが、家族・友人・知人などに相談する時に、
どうしても腹を割って話せないという方は、占いがどちらかと言うと、向いているのかもしれません。
占いの世界に慣れていない時は、占い師の方が言っていることを信じることが出来ないかもしれませんが、
こちらからいろいろ質問をしていくうちに、なぜ自分しか、ほんの数人しか知らないことを知っているのかなど、
不思議な経験をすることがあるでしょう。
もしかしたらその経験が、占いの世界を信じるきっかけとなるかもしれません。
ただし占いでも、タロットなど自分のエネルギーを飛ばさなければいけないものがあります。
この場合、しっかりと真っ直ぐ正直なエネルギーを飛ばさなければ、占い結果も正しい結果が表れませんので、
まだ占いを信じ切れていない方は、他の占い方法を選ばれるといいかもしれません。